文章の確認、ミスを減らす方法

読み人にわかりやすく伝える

これが一番大事です。専門用語ばかリだと何を書いてあるのかわからないですし、自分が良いと感じる文章でも第三者からは読みづらいかも知れません。

読み直し客観的に見る事も大事です。

ターゲットをある程度専門的知識を知っている上で作成する事は大丈夫です。

作成する段階でのサイトを来て頂く相手の事を考える事が重要です。

正しい言葉づかい

少しでも自分の文章に疑問を感じたら調べる癖を付けましょう。

四文字熟語辞典・ことわざなどは意味が間違っていたら恥ずかしいです。しっかりと調べましょう。

また、文章の上手い人のサイト・雑誌・広告などを参考にどの様な言い回しを使っているのかを調べる事も大事です。

様々な物を読み事により、自分の表現の引き出しが増え武器になります。

誤字脱字などの確認方法

パソコン画面で文章を読むのではなくプリントアウトして文章を確認してみましょう。

制作しているパソコン画面とは違い、しっかりと文章を確認出来ます。

少し手間ですが、重要な場所だけでも効果は十分にあります。

漢字にするか、ひらがなに迷った時

漢字ばかりにする場合は堅いイメージ、ひらがなを多めにする場合はやわらかいイメージとなります。

サイト作成する際

ターゲットが20~30代男性で財布・スーツなどしっかりしたイメージがあるものは漢字をメイン

ターゲットが10~20代子供向けのゲーム・おもちゃなどを紹介する場合はひらがな多めで制作

ケースバイケースで使い分ける様にしましょう。

サイトの文章で子供っぽい表現・曖昧な表現・品のない表現はしてはいけない

これは書くまでもなく当たり前なのですが、読んでもらう人になにこれ?と感じてしまうので注意が必要です。

子供が作成した事をコンセプトに、または子供向けにだったらありかもしれませんが一般サイトではNGです。

例えば

でも → だが/いえ/しかし

みたいな

〇〇と感じる

〇〇思う

など、子供っぽい言い回しや・曖昧な表現は読みてに不安を与えてしまいます。

また、品のない表現は相手との信用を落としてしまいます。

数字・英語・単位などは統一する

1日と書いたり、二日と書いてしまうと統一性がなくだらしなく見えます。

1日と決めたら、2日と続けるようにしましょう。

カラーの種類は2~3種類

サイトの表現も同じですが、カラーのバリエーションが多ければ多いほどごちゃごちゃしたイメージになってしまいます。

サイトのカラーと合わせ、邪魔にならず引き立てる表現カラーにする事でより一層魅力あふれるサイトになります。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイト ブログランキングへ
更新の励みになりますのでクリックお願い致します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>