キーワード選別・メモ的

検索キーワード選定について、どんな気持ちで検索を掛けているのか考える。

検索の内容はもろに出る。

わざわざ遠回りな検索キーワードを選ぶ人間はいない。

予約・感想・購入・通販・送料無料・使い勝手の良し悪し・この辺りのワードは購入する気持ちがある。また商品について調べているのが手に取るようにわかる。

また、購入する意志がまだ無い場合に対しては押し売りはダメ。

自分がサイトを開いた際、押し売りされたら私なら買わないしすぐに閉じてしまう。

商品の使ってみた感想、レビュー、レポートなどこんな感じですと、柔らかく紹介するのがポイント。

サイト作成では、検索キーワード選別が特に大事。

自己満足のサイトにしないように作る様にする。見てもらう人がこの検索ワードで何が知りたいのか?何を必要としているのか?そういった事を考えながら文章を作成する。

読み手の心理になり、どんな情報を見せればいいのか自然と見えてくるはずその経験値を溜めなければアフィリエイトで成功しないであろう。

必要な情報がなければすぐに閉じてしまう。普段自分が何気なく検索してる際でも同じ事を相手も思ってる。

初心者の内はこのキーワードじゃあライバルが多すぎる・需要が多すぎて勝てない・などSEO対策されているサイトからしたら負け戦確定だが、少しでも行けそうかな?と思ったら作るべきである。

行動になければ結果は出ない。

アフィリエイトは自分から行動しなければ物が作れないし、作るには高いモチベーションが必要だ。今現状私は勉強中でドメイン取得、サーバーに上げる際でも時間はかかるだろう。

何事も経験、最初からうまく作れる人間は天才だ。自分のような凡人には一歩つづ確実に進んで行くほかない。

先の事ばっかり考えてもダメ。今作る事こそが必要。

samune-01

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイト ブログランキングへ
更新の励みになりますのでクリックお願い致します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>