閃きにこだわらないの大切さ

頭に過ったフレーズ、タイトル、テーマこれはいける!と思いがちですがそうでもない事が多いです。

フレーズ、タイトルで、文章の内容が左右され中の内容とそってない物だとなんのテーマで話しているのかわからなくなります。

初心者、文章に制作に慣れてない方に多く気に入ったキャッチフレーズを使いがちになってしまいますが、諸刃の剣の可能性もあります。

作成してる本人には違和感などは気付きにくいですが、読んでいる方には一発でこれは変じゃないか?と違和感を持たれてしまいます。

内容を一からテーマにそった物を考え直すのは非常に手がかかりますし、一回書いてしまったものをボツにするのはメンタル的にキツイです。

閃きにこだわり過ぎては、良い文章を書いても無駄にしてしまう可能性があり注意が必要です。

そこで、一つの閃きにこだわるのではなく3~4個のタイトル、テーマを考え、組み合わせる事で完成度を高める事が出来ます。

一つにこだわっていると周りが見えず変更出来ませんが、予め3~4個は考えておけば冷静に言葉が選べます。

プロの作家並の方でしたら一発閃きでもいいかもしれません。なぜならプロの方は常にストックがあり、書いてきた経験値が違います。

初心者判断では危険だと私は感じます。(私自身も言えるかもしれませんが・・・)

私自身、何個かアイディアを出し、テーマにそっての内容が書けるのか?テーマの内容がわかるのか?を考えてフレーズ、タイトル+内容を考えています。

アフィリエイトでは、自分の全く知らない知識の事も書かなければならない場合も多く、フレーズ・タイトル・内容の合致は必然です。

そして、読み手にもわかりやすく価値のある内容でなくてはサイトを見に来てもらってもすぐに消されてしますのです。

samune-06

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイト ブログランキングへ
更新の励みになりますのでクリックお願い致します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>