制作する際意識した方がいいSEO対策 

簡単簡潔に説明いたします。制作する上で気をつけている部分になります。

参考になれば幸いです。

内部でのSEO対策

  • HTML内のタグなどはスッキリ無駄のない作りにする。線を引くためだけにDivタグなどはしようしない方がいい。
  • CSS、JavaScriptなども外部リンクでスッキリさせる。
  • metaタグでの宣言しグーグルクローラに検索で引っ掛けたい単語を説明する。
  • キーワードの部分は検索で引っ掛けたい単語 <meta name=”keywords” content=”キーワード1,キーワード2,キーワード3″ />
  • サイトの説明 <meta name=”description” content=”このページに関する簡単な説明。” />
  • サイトのURL <meta name=”copyright” content=”サイトURL” />
  • <h1>の見出しタグは検索で引っ掛けたい言葉を入れる。何々の何々で何々ぐらいの文章が好ましい。大きさもあまり変えない方がいい。
  • <h2>以下の見出しタグも関係のある単語を中に入れることで検索に引っかけやすくなる。
  • <strong>タグ引っ掛けたい単語に入れる。
  • インバウンドリンクの設定 パンくずリスト・サイトの下のメニューバー(footer)などで前・左右・前後のページに戻れるようなリンクが大事。
  • 文章の容量、一定の文章量がないと中身が無いサイトだと判断されるので関連した内容にする事で検索で上位表示されやすくなる。
  • コピペなどは記事の価値を下げるので自分の言葉で記事を書くのも大事。
  • サイトページ数も大事、体感では17ページを超えた辺りから効果があると思います。

外部でのSEO対策

  • 項目が似てるサイトにリンクを張ってもらう。
  • ドメインレベル5のサイトにリンクを張ってもらうと0レベルだとした場合3レベルまで引き上げてもらえる。
  • 古いドメインを取得する。古いほど価値がある。(ペナルティ食らったドメインはダメ)

リンクを貼る際

一点集中でメインサイトにリンクを送るのではなく、リンクを重ねて送る方がリンクの価値が上がる。

saitosetumei

リンクは関係位のないリンクや張りすぎによりペナルティがあり、グーグル様の気分次第でなんとでも変わってしまうので注意が必要。

私自身は現在はリンクのSEOは気にしていません。理由としては気にしてたら疲れてしまうからです。

これまでのは上位表示させる為のSEO対策ですが、これよりももっと効果的なのがありぶっちゃけ上の書いたのなんてやらなくてもいいんじゃね?ってぐらいの物です。

それは、

  • サイト滞在時間
  • サイトに来てくれる人数

この二点につきます。SEO対策してなくてもこの二点さえあれば上位表示させます。

SEOでどれだけ上位に表示させても価値のない情報なら来てくれる方はすぐに戻ってしまうので、この二点が強いサイトには結局負けてしますのです。

現在ではSNSが多くの情報発信源となっており、フェイスブック・ツイッター・ブログなどでアクセスさせる方法もあり、記事が魅力的に書けるならSNSでの宣伝も効果があります。

またSNSをサイト内につけることにより、親近感、営業してる感を得られ無いサイトよりもイメージが良くなります。

ブログは外部リンクとして恩恵を受けれますが、ツイッター、フェイスブックは恩恵を受けられませんが検索ワード以外でもサイトに来てもらえる可能性があるツールです。

ビックテーマサイトと勝負するに辺り、勝つには

  • 記事数
  • 記事の内容を特化する
  • 外部リンク
  • SNSサイトに来てくれる人を増やす。
  • 滞在時間
  • 滞在人数

以上の点を抑えれば勝てます。

ビックテーマはそれだけ手間が掛りますが、手間が係る分のリターンが大きいです。

有名タイトルなら、ダイエット、クレジット、FX、株などですが、この辺りで上位表示出来たら月100万は余裕で超えるでしょう。

その分、相手との戦いが激戦になってしまうデメリットもありますが。

結論として、閲覧してもらう人を増やしサイト滞在時間を伸ばす工夫が一番大切です。

面白い特集を組む、他にないアイディアで閲覧数を増やすなどで差別化を図る事が重要となってきます。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイト ブログランキングへ
更新の励みになりますのでクリックお願い致します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>