キーワードSEO対策

検索キーワードで上位にする為には、検索されたワードをサイト・ブログ内に使用しているかがポイントとなります。

例えば

水泳 ダイエット

水泳 ダイエット 効果

水泳 ダイエット 痩せる

などと調べたとしましょう。

その際、水泳とダイエット+〇〇を兼ね備えたサイトをグーグルの検索エンジンが探し、ワードが引っかかるサイトを表示します。

検索キーワードが長くかつ自分もサイトのワードがピンポイントであればあるほど表示されやすくなります。

ただビックキーワードと言う誰もが検索するワードだと、ライバルが多く上位に表示されにくいです。

上位に表示されるにはサイトの内容・SEO対策・時間がかかります。

さて、上位に表示させるテクニックをまとめます。

サイトタイトルをキーワードに引っ掛けるように意識する

サイト名を

  • 水泳ダイエット記録
  • 水泳ダイエット効果

にすると、水泳ダイエットと検索したらピンポイントにキーワード合致してますよね?

合致すればするほど上位に表示されやすくなります。

更に記事の内容も 水泳 ダイエット のワードを多く使用することで検索で引っ掛けやすくなります。

こうした特化サイトは上位に表示させやすいのです。

ページ数が多ければいいものではない

料理のレシピを調べるとして、カレーレシピと検索したとします。

そうすると、大手サイトが表示されますが、カレーレシピと言う単語だけで言えば勝てます。

大手サイトがカレーの特化サイトでしたら、同じぐらいの容量以上にしなければなりませんが、そうでない場合

特化ではなく、多くの料理レシピを掲載してる分その分にワードを分散させており、サイト自体の検索ワード優先度数がありだいたい3~4個のワードなのです。

多くのキーワードを一つのサイトに使用しても検索で上位は厳しいです。

画像に検索キーワードを入れる場合

画像ファイルは画像ファイルとして読み込まれるので、画像の中のワードはさすがのグーグルでも読み取れません。

画像で表示してるから大丈夫と考えている方は注意です。

画像以外で、キーワードを入力しないと検索に引っかかりません。

まとめ

サイトタイトルは検索を意識する名前にする。

作成するサイトが決まったら検索されるであろう見出し・記事にキーワード3~4個を多く使用する。

画像にキーワードを入れる際、サイト内にもしっかり見出しなどでもキーワードを入れる。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイト ブログランキングへ
更新の励みになりますのでクリックお願い致します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>