WEBデザイン 参考サイト

サイトの構成・デザインが思いつかないと言う方は、いろいろなサイトを見て回る事をオススメします。

HTMLでサイトを作る際、最初にイメージがなければサイトは作れません。

私が作る際は、まずサイト全体のイメージを考える。

デザインが浮かんで来なかったら様々なサイトを見て、アイディアをふくらませる。

そして、Photoshopでイメージするサイトのデザインします。

WEBデザイナーの作業と同じ流れですね。自分で作る場合はサイトの構成・デザインは自分の好きに出来ます。

ある程度HTML・CSSの知識が無いと作れませんが、アフィリエイトをするなら作れるようになった方が自由度は格段に上がります。

テキストエディタ・サクラエディタ・TeraPad・などのフリーのメモ帳でも作成可能です。

シリウスやホームページビルダーのソフトもありますが、人によってやり方が様々ななので自分の得意とするやり方が一番です。

参考にオススメサイト

イケサイ

WEBデザイン参考サイト

WEBデザインの見本帳

WEBデザイン参考まとめサイトのまとめ

ウェブセレクション

様々なサイトを見る事で自分の中のアイディアを増やし活用していきましょう。

プロのWEBデザイナー方でも、サイトを見て勉強しています。

最初はシンプルなデザインにしつつ徐々にスキルを高めていけば、強い武器となります。

サイトのソースを見る。HTML・CSSの知識が必要です。

サイト構成を進めるに辺り、サイト自体の枠はどうやっているのか?

わからない所は出てくると思います。

そういう時は表現したいサイトのソースを見ればある程度どこがどうなっているのかわかります。

ブラウザはファイヤーフォックスなどで見るとわかりやすいです。

ここで注意ですが、ソース、文章のコピー・アンド・ペーストは禁止です。

著作権侵害になる可能性があります。あくまでも参考程度にして下さい。

著作権についての詳細はこちらの

Webデザイナー必読?!著作権について知っておくべき10のこと

こちらのサイトで詳しく書かれております。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイト ブログランキングへ
更新の励みになりますのでクリックお願い致します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>