Google アナリティクス・ウェブマスター ツール登録やり方

情報が古くわかりづらい部分もあったので補足します。

グーグルアナリティクスの方は、リアルタイムでアクセス解析・サイトにアクセスした人数・時間がわかります。

ウェブマスターツールは、グーグルの検索エンジン(クローラ)に認知される・サイトにエラーチェックなどを行ってくれSEO対策になります。

どっちから登録すればいいの?と考える方もいると思いますので、ご説明します。

1、グーグルアカウントを取る。

2、Google アナリティクスに登録する

3、ウェブマスターツールに登録する。

一番楽です。

理由はウェブマスターツールに登録する際、自分のサイトなのか証明しなけれればなりません。

方法はGoogle アナリティクス以外にもあるのですが、一緒に登録する場合Google アナリティクスで認識させた方が楽だし、早いからです。

Google アナリティクス 登録方法

ana-01

アカウントを作成するをクリックする。

ana-02

ana-03

入力し、トレッキングIDを取得して下さい。

ana-04

トレッキングコードをコピーし、サイトの<head>~</head>タグ内にペーストします。

WordPress、自身のHTML作成サイト、ブログによってやり方がことなります。

HTML作成サイトならご自身でheda内に入れるだけですが、WordPress、ブログはやり方が異なります。

WordPressの設定

管理画面メニューの「外観」→「テーマ編集」を選択し、ヘッダー(header.php)にペーストします。

ana-05

こんな感じ、ブログにも編集メニューがありますので、編集メニューから入ってコピペして下さい。

ana-06

登録できたらレポート画面で確認出来ます。リアルタイムで現在のサイトアクセス数がわかります。

アナリティクスは以上になります。

続いて、ウェブマスターツールを説明します。

アナリティクスはトラブルもなくスムーズできますが、ウェブマスターツールの画面が新しくなっており、必要な場所がわかりづらかったので補足致します。

ana-18

ana-17

アナリティクスをクリックして続行を押して下さい。

これで登録は完了です。

次にサイトマップを登録します。

サイトマップとは現在サイトのページ数が簡単にわかる地図の様な物です。

sitemap.xmlを作成して登録します。

その際WordPressと通常サイトではやり方が違いますので注意して下さい。

通常サイトからご紹介します。

自分で作ると大変手間が掛りますが、作成ツールを使うと簡単に作る事が出来ます。

ana-07

seitmap.xml Editor

WordPressの場合は管理メニューかプラグインクリック→新規追加→Google XML Sitemapsと検索します。

ana-8

インストールし、プラグインして完了です。

登録が出来たら、ウェブマスターツールに戻ります。

ado-10

サイトマップ→サイトマップの新規登録をクリックし、/sitemap.xml と入力して完了です。

登録まではしばらく時間がかかります。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村

アフィリエイト ブログランキングへ
更新の励みになりますのでクリックお願い致します!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>